EDは年をとるにつれて起こりやすくなる

男性ホルモンの低下と血流の悪化がEDをまねく

EDは、加齢に伴い、発症率が高くなります。

EDの原因としてまず挙げられるのが、男性更年期障害(LOH症候群)です。LOH症候群は、加齢やストレスにより男性ホルモンの分泌量が低下し、認知機能・心理機能が低下した状態を指します。

勃起は、脳が性的刺激を感じることで起こります。しかし男性ホルモンの量が低下すると、性的刺激を感じにくくなり、勃起も起こりにくくなってしまいます。

男性ホルモンの分泌量は、加齢と共に低下します。また、過剰にストレスがかかっていると、ホルモンの分泌が乱れ、EDの原因になります。

EDの原因は、男性ホルモンの低下だけではありません。血管障害によって起こるEDもあります。

勃起は、陰茎海綿体に血液が流れ込むことで起こります。しかし、動脈硬化や、血管の損傷があると、陰茎海綿体まで血液が流れにくくなり、十分な勃起ができなくなるのです。

血管障害は、年齢を重ねるごとに発生リスクが高まります。長年の間、血管に負荷がかかることで、血管障害が発生しやすくなるのです。

動脈硬化はEDの大きな原因

EDの大きな原因の1つが、加齢に伴う動脈硬化です。

勃起は、陰茎海綿体に血液が流れ込み、拡張することで起こります。また、血液は、血管の壁が収縮することで全身を流れます。しかし、血管壁の弾力性は、加齢に伴い失われていきます。血管壁の弾力性が失われると、血液の流れが悪くなり、陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まなくなります。その結果、EDが起こるのです。

血流が悪くなると、脂肪やコレステロールが1箇所に溜まりやすくなります。1箇所に溜まった脂肪やコレステロールは、血液の通り道を狭め、血液の流れをさらに悪化させます。

加齢やストレス、不規則な食生活が長年にわたって続くと、動脈硬化はどんどん進行していきます。

EDを防ぐためには、生活習慣を見直し、適度にストレス発散して、動脈硬化を予防することが重要です。

心理的ストレスが心因性EDを引き起こす

以前は中高年の病気とされていたEDでしたが、近年は若年層でもEDが起こりやすくなっています。

EDは中高年の男性に起こるもの、といわれていました。実際、中高年の男性は、EDの原因である糖尿病や高血圧、ホルモンバランスの乱れが起こりやすい年代です。

一方、若い世代で多く見られるのは、人間関係などのストレスに起因する心因性EDです。

人間関係によるストレスや、女性に対するトラウマは、精神的な変化のみならず、身体症状を引き起こします。そのうちの1つがEDなのです。

精神的な負担が、どのような仕組みでEDを引き起こすのか、まだはっきりとはわかっていません。ホルモンバランスが乱れたり、脳の情動を司る部分の機能が低下したりするためと推測されています。

不規則な生活はEDの原因に

EDは、不健康な生活を送っている若者にも起こります。

勃起は、自律神経、つまり、交感神経と副交感神経の双方が正常である必要があります。つまり、自律神経が乱れると、EDが起こりやすくなるのです。

不規則な生活や不健康な生活習慣を続けていると、自律神経が乱れ、EDが起こるリスクが高まります。

自律神経が乱れる原因のうち、最もメジャーなのは、睡眠不足や、睡眠の質の低下です。十分な睡眠がとれていないと、体内リズムが乱れて自律神経失調症状が起こります。また、朝起きて日光を浴びないことも、自律神経の乱れに繋がります。十分な量と質の睡眠がとれてないと、ひどい場合はうつ症状を示すこともあります。

喫煙や過度の飲酒は、自律神経の乱れにつながります。また、喫煙と飲酒はEDの原因でもある動脈硬化のリスクを高めます。

若い人にEDが生じる原因には、様々な背景が潜んでいるのです。